公務員制度 −公務員の働き方、労働条件など

◆2014
2014年6月

国家公務における人事評価制度の深刻な弊害と改善方向

「信賞必罰」の新人事評価制度の導入の経緯


 

全文を見る

◆2012
2012年1月

理不尽な「公務員バッシング」に対して反論します

多くのメディアが連日のように、「公務員バッシング」を続けています。

 日本社会が抱える諸問題は、すべて公務員のせいと言わんばかりの論調も少なくありません。

icon
全文を見る PDFでダウンロード(約264k)

 

全文を見る

◆2011
2011年5月

政府の公務員給与削減提案に対する全労働の考え方

 総務大臣は5月13日、政府を代表して国公労連等に対し、国家公務員給与(月例給及び一時金)を平成25年度末までの間、その1割を基本に引き下げるとの提案を行った。

 

全文を見る

2011年3月

「自律的労使関係制度改革素案等」に対する意見

1 制度の目的等

 自律的労使関係制度の目的に関わって、政府幹部らから「国家公務員の人件費削減の手段」と位置付ける発言が繰り返されているが、働く者の基本的人権である労働基本権(協約締結権)の趣旨にてらして不適切である。

 

全文を見る

◆2010
2010年5月

人事評価の必要性とその課題

(株)セミナー青森代表取締役 中尾雅樹

 全労働青森支部は12月12日、(株)セミナー青森代表取締役の中尾正樹氏を講師に、人事評価制度の学習会を開催しました。全労働では、中尾氏と青森支部の了解を得て、講演の内容を紹介します。。

全文を見る

2010年4月

高齢期雇用と再就職規制に係る全労働の考え方
2010年4月25日

 公的年金の支給開始年齢が2013年度から段階的に65歳まで引き上げられることに伴い、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)が2004年6月、65歳までの雇用確保を目的に改正されました。その後、人事院は2007年9月、公務職場での環境整備を目的に、「高齢期の雇用問題に関する研究会」を立ち上げ、2009年7月には、公務員の定年年齢の引き上げを柱とする最終報告がとりまとめられています。

全文を見る

◆2007
2007年10月

人事院通知「職員が分限事由に該当する可能性のある場合の対応措置について」に対する全労働の見解
2007年10月4日改訂

人事院事務総局人材局は、2006年10月13日付人規−1616「職員が分限事由に該当する可能性のある場合の対応措置について(通知)」(以下、分限免職指針)を発出するに至った。

全文を見る

◆2005
2005年 5月

人事院の給与構造の基本的見直しに関する意見
−全労働省労働組合 給与制度検討プロジェクト

人事院は、昨年11月2日、関係労働組合に対して「給与構造の基本的見直し(素案)」(以下、素案)を提案するとともに、この間、本年8月の人事院勧告に向けて成案を得ることを念頭に関係労働組合の「納得を得るよう努める」(本年3月22日)との姿勢を明らかにしました。

全文を見る

◆2002
2002年 1月

「公務員制度改革大綱」にかかる全労働の考え方

公務員制度改革を「行革」の最重要課題の一つに位置づけてきた政府は、昨年12月25日、「公務員制度改革大綱」(以下、大綱)を閣議決定した。

全文を見る

◆2001
2001年 7月

「公務員制度改革の基本設計」に対する全労働の考え方

行政改革推進本部(本部長・小泉首相)は6月29日、「信賞必罰の徹底」などを柱とした「公務員制度改革の基本設計」(以下、基本設計)を明らかにした。

全文を見る